食べることが生きがいで何がわるい(笑)
『食』をテーマに一方的に言いたいことだけを言っていこうかと…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐世保のレモンステーキの元祖


佐世保バーガーでも有名になった佐世保には、レモンステーキというメニューがある。
レモンステーキというのは、レモンを焼いたものではなく、標準的なものはステーキ用の薄切りの牛肉のソースにレモンが使われているというもの。
酸味が効いておりありそうでない逸品。
こちらはレモンステーキの元祖といわれているお店。
40年ほど前にメニューに載ったよう。

レモンステーキのスタンダードは薄めの肉をレアの状態で鉄板に乗せて出てくる。
醤油ベースのソースのかかった赤みの美しい肉にレモンをたっぷりと絞り、目の前で見る見る香ばしい色。
薄切りの肉のため、最初のほうはレアでいただき、最後はミディアムくらいで。

地元の人は最後にご飯を鉄板に乗せて食べるようだが、肉のまだ鉄板にある状態でご飯を鉄板に移し、混ぜて食べると贅沢なステーキ丼のように、ソースをたっぷり吸ったライスと共に肉を頂くこともできる。

☆門風レモンステーキの御定食 2625円
レストラン門(もん)
佐世保市本島町3-9 0956-23-5117
無休 11:30~14:00、17:00~21:00

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。